スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Endless Tears

やぁ 久々にPC更新な嵐だよ

今日は最近よく見る動画を載せようと思うんだ

↑から順番に見ていってもらおうか!

見たい人は続きから(´・ω・`)ノン
[悪ノ娘]



むかしむかしあるところに
悪逆非道の王国の
頂点に君臨するは
齢十四の王女様



絢爛豪華な調度品
顔のよく似た召使
愛馬の名前はジョセフィーヌ
全てが全て彼女のもの



お金が足りなくなったなら
愚民どもから搾りとれ
私に逆らう者たちは
粛清してしまえ



「さあ、ひざまずきなさい!」



悪の華 可憐に咲く
鮮やかな彩りで
周りの哀れな雑草は
嗚呼 養分となり朽ちていく




暴君王女が恋するは
海の向こうの青い人
だけども彼は隣国の
緑の女にひとめぼれ



嫉妬に狂った王女様
ある日大臣を呼び出して
静かな声で言いました
「緑の国を滅ぼしなさい」



幾多の家が焼き払われ
幾多の命が消えていく
苦しむ人々の嘆きは
王女には届かない



「あら、おやつの時間だわ」



悪の華 可憐に咲く
狂おしい彩りで
とても美しい花なのに
嗚呼 棘が多すぎて触れない




悪の王女を倒すべく
ついに人々は立ち上がる
烏合の彼らを率いるは
赤き鎧の女剣士



つもりにつもったその怒り
国全体を包み込んだ
長年の戦で疲れた
兵士たちなど敵ではない



ついに王宮は囲まれて
家臣たちも逃げ出した
可愛く可憐な王女様
ついに捕らえられた



「この 無礼者!」



悪の華 可憐に咲く
悲しげな彩りで
彼女のための楽園は
嗚呼 もろくもはかなく崩れてく




むかしむかしあるところに
悪逆非道の王国の
頂点に君臨してた
齢十四の王女様



処刑の時間は午後三時
教会の鐘が鳴る時間
王女と呼ばれたその人は
一人牢屋で何を思う



ついにその時はやってきて
終わりを告げる鐘が鳴る
民衆などには目もくれず
-彼女-はこういった



「あら、おやつの時間だわ」



悪の華 可憐に散る
鮮やかな彩りで
のちの人々はこう語る
嗚呼 彼女は正に悪ノ娘



[悪ノ召使]



君は王女 僕は召使
運命分かつ 哀れな双子
君を守る その為ならば
僕は悪にだってなってやる




期待の中僕らは生まれた
祝福するは教会の鐘
大人たちの勝手な都合で
僕らの未来は二つに裂けた



たとえ世界の全てが
君の敵になろうとも
僕が君を守るから
君はそこで笑っていて



君は王女 僕は召使
運命分かつ 哀れな双子
君を守る その為ならば
僕は悪にだってなってやる




隣の国へ出かけたときに
街で見かけた緑のあの娘
その優しげな声と笑顔に
一目で僕は恋に落ちました



だけど王女があの娘のこと
消してほしいと願うなら
僕はそれに応えよう



どうして?涙が止まらない



君は王女 僕は召使
運命分かつ 狂おしき双子
「今日のおやつはブリオッシュだよ」
君は笑う 無邪気に笑う




もうすぐこの国は終わるだろう
怒れる国民たちの手で
これが報いだというのならば
僕はあえて それに逆らおう



「ほら僕の服を貸してあげる」
「これを着てすぐお逃げなさい」
「大丈夫僕らは双子だよ」
「きっとだれにもわからないさ」



僕は王女 君は逃亡者
運命分かつ 悲しき双子
君を悪だというのならば
僕だって同じ 血が流れてる




むかしむかしあるところに
悪逆非道の王国の
頂点に君臨してた
とても可愛い僕の姉弟



たとえ世界の全てが
君の敵になろうとも
僕が君を守るから
君はどこかで笑っていて



君は王女 僕は召使
運命分かつ 哀れな双子
君を守る その為ならば
僕は悪にだってなってやる




もしも生まれ変われるならば
その時はまた遊んでね




[リグレットメッセージ]



街はずれの小さな港
一人たたずむ少女

この海に昔からある
ひそかな言い伝え

「願いを書いた羊皮紙を」
「小瓶に入れて」
「海に流せばいつの日か」
「想いは実るでしょう」

流れていく ガラスの小瓶
願いを込めたメッセージ
水平線の彼方に
静かに消えてく


君はいつも私のために
なんでもしてくれたのに

私はいつもわがままばかり
君を困らせてた

願いをかなえてくれる君
もういないから
この海に私の想い
届けてもらうの

流れていく 小さな願い
涙と少しのリグレット
罪に気付くのはいつも
全て終わった後


流れていく ガラスの小瓶
願いを込めたメッセージ
水平線の彼方に
静かに消えてく


流れていく 小さな願い
涙と少しのリグレット

「もしも生まれ変われるならば――」



全部聞き終わった後
号泣してる自分に気づいた
止めようにも止まらないんだから困ったもんだ
哀しいのか心に響いたのか…もしかしたら眠かっただけか
知る由は無い

まぁ、みんなにもね?この不思議体験をしてもらいたかったのだ!

まぁどのように捉えるかは個人の主観によるので…つまらないって思う方がいらした時のために、予め謝っておきます。

次の更新はめいぽ系の内容に寄せれるよう努力しますぅ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。